broadcast satellites

-Broadcast Satellites-

2016.11.19(Sat)@福島PINEBROOKLYN
Open/Start 16:30/17:00
Adv/Door ¥2,500/¥3,000

現在、日本の音楽シーンは流行に翻弄され、主体性無く流れ続けている。 我々の知る優れた音楽家たちは、その強く濁った流れを避けるように個々として存在し続けている。 彼らは決して安易に寄り添わず、かといって突き放すこともなく、まるで重力に影響されない遠くの星々のように、 自らの強い信念で穏やかに活動している。BroadcastSatellitesは、そんな彼らを発見し、出会い、皆の目で確かめるためのスペースツアーである。

-LIVE ACT-

roth bart baronのアーティスト写真

ROTH BART BARON

三船雅也 (Vo. /Gt.)、中原鉄也(Ds.)から成る日本、東京出身の2人組フォークロックバンド。真冬の米国フィラデルフィアで制作され、2014年にリリースされたデビューアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』は音楽メディアの2014年ベストディスクに数多く選ばれるなど、高い音楽性と圧倒的なライブ・パフォーマンスが固たる評価を得る。再び米国に戻り7都市を回るUSツアーも敢行、帰国後に渋谷WWWで開催されたワンマンは歓声をもって迎えられ大成功をおさめる。2015年はVIVA LA ROCK、CIRCLE、RSR、サマソニなど大型ロックフェスにも出演、無名の新人ながら強烈なインパクトを残した。 三船がSF映画から着想を得て、カナダ、モントリオールのスタジオにて現地のミュージシャンとセッションを重ね作り上げられた1年半ぶりのセカンドアルバム「ATOM」を2015年10月21日にリリース。 11月8日からの東京代官山UNITを皮切りに4ヶ月日本全国を回るATOMツアーを行う。

website | http://rothbartbaron.com

Special Favorite Music

We are looking for something new! 2014年夏から雑居ビルに集まっては、常にnew feelを追い求める8人組のポップス集団。ライブはビッグな編成で好きなようにやっています。 2014年夏結成とともに自主製作盤1st EP 『Explorers』をリリース、限定店舗での展開ながらも評判を呼び初回プレスを完売させる(現在廃盤)。 2015年3月、KONCOSとのスプリット7インチ『Kitsune no Kuni / Summer Serve』をリリース。同年5月、2nd EP『ROMANTICS』を立て続けにリリース。自主製作盤にも関わらず、タワーレコードのルーキーキャンペーンに選ばれるなど新世代の担い手として一際注目を集める。 同年12月には、P-VINEから7インチシングル『Dribble / Future』をリリース。そして2016年5月4日、待望のデビューアルバム『World's Magic』をP-VINEよりリリースする。

website | http://specialfavoritemusic.com

NAYUTA

偉大な音楽に敬意を払い現在のルーツミュージックを鳴らす。 宮本章太郎(gt/vo)と淡路翔子(gt/syn/vo) ミニマルな編成、空気をを飲み込んで波打つ演奏 ドラムスに川北淳史を迎え、最新作 vivo spicoを自主製作 以降、3人でのライブも行う。 北米、アジア、国内全国津々浦々、各所でライブを行う。

website | http://www.nayuta.uno

the sankhwaのアーティスト写真

the sankhwa

the sankhwa-サンカ- 2016年春頃からライブ活動を開始。 北欧のアーティスト達からの影響を多大にうけつつ、その中で響く日本語の歌詞。アコースティックギター、ビブラフォン、グロッケン、トイピアノ等の生楽器を取り入れたアンサンブルを形成。ギター鍵盤に、ドラムがギターに、グロッケンが電子ハープにと自在に入れ替わるその姿は、まるで自由を求め彷徨った山の民『山窩』のようである。

website | http://thesankhwa.com

-AMBIENT ACT-

sleeplandのアーティスト写真

sleepland

兵庫県在住。ロック、シューゲイザー、ポストロック等複数のバンドを並行して活動しながら、2011年よりソロ名義sleeplandでの音源制作を開始。以降、国内外のレーベルより作品の発表を重ねる。 2015年11月 アンビエント/ドローン作家Chihei Hatakeyama氏が主宰するレーベル、White Paddy MountainよりCD作品『for Silentseeing』を全国リリース。収録曲「merits of sequence」は創業1688年、西陣織の老舗である株式会社細尾の2016年度新作ファブリックの映像に使用された。 人の無意識、潜在意識に佇む音を追求し、音響と音階の狭間で、ギターを中心としたアンビエント、ドローンミュージックを展開中。

website | http://offtosleepland.tumblr.com

Hirotaka Shirotsubakiのアーティスト写真

Hirotaka Shirotsubaki

兵庫県神戸市出身在住。 幾つかのバンド活動の合間を縫うようにして、2010年頃から活動を開始。当初は自然が残る郊外の町で育った経験をもとに、都市の暮らしと自然を作曲のテーマとしていたが、現在は曲から伝わる作り手の個人的な主張を極力排し、相対的なものとして、聴く人それぞれの日々の生活の隙間に滑り込み、思い出や記憶の風景と曲をリンクさせることをテーマした作曲を目標に活動している。

四宮基稀のアーティスト写真

四宮基稀

1991年大阪生まれ。「音楽のその後をデザインする」レーベルunelmaの主宰や、エレクトロニカユニットunimiの作曲、演奏担当。通常の五線譜以外で音楽を現した図形楽譜の研究及び制作活動など、音楽を主軸に作品制作をしている。

website | http://www.unelma.jp.net

-FOOD&DRINK-

祝詞社

『聞き書き 日本の食生活大全』のレシピ再現(=再演)を通じて、食卓を囲む会「table surround」を不定期に開催。 印刷物をつくるという建前のもと、自分たちのやりたいことを実行、記述、発行している。コアメンバーは玉田和平、四宮基稀、舘かほるの3名。 最近の興味は文化人類学、デザイン、サウンドスケープなど。

hirotaka shirotsubaki(coffee)

学生時代に初めて道具を揃えて自分でいれたコーヒーの美味しさ、初めて自分がいれたコーヒーを人に振る舞った時に喜んでもらえた嬉しさ、楽しさを忘れずに、気取らず皆さんにも喜んでもらえるコーヒーを提供できたらなという気持ちで細々とやってます。

-TIME TABLE-

-ACCESS-

PINEBROOKLYN | パインブルックリン

大阪市福島区福島1-2-35

06-6225-7097

電話受付時間10:00~20:00

  • JR東西線「新福島駅」から徒歩5分
  • 阪神本線「福島駅」東改札口から徒歩3分
  • 大阪環状線「JR福島駅」から徒歩7分

-contact-

ご予約はbroadcast.satellites@gmail.comまでメールでご予約いただくか、プレガイドで承っております。